体験レポート

【体験レポート】「RYO英会話ジム」のオンライン英語トレーニングを体験!

アイキャッチ画像

自宅から手頃な価格で受講できるオンライン英会話。
新型コロナ感染症の影響もあり受講者が増えた今、オンライン英会話レッスンを行う教室もどんどん増えてきています。そのため今からオンライン英会話を受講しようと思っても、教室数の多さに頭を悩ませている方も多いと思います。

そこでオンラインの窓口は、実際にオンライン英会話レッスンを体験してきました!
今回体験させていただいたのは、実践的な英語トレーニングを行う「RYO英会話ジム」です。
「RYO英会話ジム」は、卓上的な英語学習ではなく、口・目・耳で実践的にトレーニングをしていく英会話スクールです。実際にどんなレッスンを行っているのか、しっかり体験してきたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

体験コースの説明

「RYO英会話ジム」のコースは、大きく「Speech」「Discussion」「Listening」「Writing」「Reading」の大きく5つに分かれています。
また「Speech」の中でも、用意した写真を見ながら即座に3つ英作文を作る「フォトスピーチ」や面接でよく聞かれる質問に答える「インタビュー」など、細かくコースが分かれています。コース数は全部で50種類以上ととても豊富なため、身に付けたいスキルを選んで受講することができます。

その中でも今回は、「Speech」の中の表現力と論理力を鍛える「ロングスピーチ」を受講しました。
「ロングスピーチ」は、用意された質問に対して5~6文の英語でスピーチを行う中級者向けのコースです。受講者はTOEICスコア700~900の方が多く、自分の意見を上手くまとめられなかったり、具体的に伝える力を強化したい方におすすめです。

今回「ロングスピーチ」を受講したのは、カナダに半年の留学経験がある武知さんです。

体験者:武知茉佑(20代前半)

英語のレベル:英検3級・TOEIC740
オンラインでの受講歴:大学の授業にて経験あり

レッスンを受ける際に準備するものは?

「RYO英会話ジム」のレッスンは、基本的に無料でビデオ通話機能を使える「Skype」を利用して行われます。ただし、「Skype」の利用が難しい場合は「Zoom」「GoogleMeet」などの他ツールで受講することも可能です。
「Skype」で受講を行う場合、事前にアプリケーションのインストールが必要になります。「Skype」での受講方法はこちらの「記事タイトル」で詳しく紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

スカイプレッスン初心者ガイド!Skypeの機能や使い方を詳しく解説!


■準備したもの

  • パソコン(タブレット・スマートフォンでも可)
  • インターネット回線
  • Skype(他ツールでも可)
  • Google document(教材の共有に使用)

発音をクリアに聞き取りたい方は、パソコンなどの内臓されているスピーカー・マイクではなく、ヘッドセットの利用がおすすめです.
また特に指定はしていませんが、ノートなどを準備してメモを取りながら受講する方も多くいます。テキストなどの教材は、全て無料で準備されているので別途準備する必要はありません。

「ロングスピーチ」の体験スタート

今回レッスンを担当してくれるのは、フィリピン出身のIvan(アイヴァン)先生です。

画像:Ivan先生

Ivan先生は、IELTS・TOEICで満点のスコア成績を持つ先生です。
「hanasoオンライン英会話スクール」で100名以上の生徒を抱える超人気講師となり、講師トレーナー・人事部のリーダーを兼任していました。
その後、フィリピンの首都圏であるマニラの英会話スクールに勤務し、ヘッドコーチ・講師トレーナーを務めました。
「RYO英会話ジム」には立ち上げ時から勤務しており、現在も「RYO英会話ジム」の人気講師として活躍中です。


本日体験する「ロングスピーチ」は、講師の質問に対する回答を1分のthinking timeの中で最低5~6文の英文で作成し、ロジカルに答えるレッスンです。

オンラインテレビ通話しながら、英語で挨拶・自己紹介・今日の天気などの簡単なコミュニケーション後、レッスン内容の説明を受け、早速レッスン開始です。


【今回のレッスンの質問】
Who is your role model or a person you look up to and why?
(あなたが尊敬している人は誰ですか?またその理由は何ですか?)

スピーチ文の作成が終わると、Ivan先生から再度「Who is your role model or a person you look up to and why?」と聞かれ、作成したスピーチ文を音読します。
生徒が発言している間、Ivan先生がスピーチを共有画面にタイピングで書き起こし、音読後は書き起こしを元に添削とフィードバックを行います。タイピングは瞬時に行われるため、タイピングのスピードを気にすることなく発言することが可能でした。

添削とフィードバックは1文ずつ行われます。
例えば、三単現の「s」の抜けや前置詞(from・to・aroundなど)の使い方の修正などの基礎的な部分に加え、より自然になるような単語の置き換えや何度も使ってしまっている単語やフレーズの修正を受けました。
添削では間違えている箇所や、不自然な箇所は赤色の文字、修正した箇所は青色の文字と色分けをIvan先生がしてくれます。そのため視覚的にもとてもわかりやすく、自分に不足している部分や自分の癖に気が付くこともできました。
添削は、レッスンフォルダを格納している「Google document」からいつでも確認することができ、効率的な復習も可能です。

レッスンの途中、意味や使っている単語がわからない部分は、Ivan先生から「ここまでは大丈夫?」「この単語は意味わかる?」など武知さんへ声がけが行われ、質問しやすい環境が整えられていました。
また難しい部分は、共有画面上(Google document)に筆記で説明をしてくれたり、他の単語に置き換えて説明してくれ、丁寧で理解しやいように工夫されたフィードバックを受けることができました。

【作成したスピーチ文】 ※赤文字…間違えている箇所・不自然な箇所
My role model is Oki Sato.
(私のロールモデルは佐藤オオキです)
He`s a designer from Japan.
(彼は日本のデザイナーです)
And now he work from around the world.
( そして今、彼は世界中で働いています)
The reason why I respect him is because he is so logical and he always try to solve problem of his client not just pay attention to the visual and artistic thing.
(私が彼を尊敬する理由は、彼がとても論理的で、視覚的で芸術的なことに注意を払うだけでなく、常にクライアントの問題を解決しようとしているからです)
But he is always thinking how to get better the state the client has so like him.
(しかし、彼は常にクライアントが彼のように持っている状態を良くする方法を考えています)
I want to be a person who has logical thinking and express many product and I want to work around the world with designing things in the future.
(私は、論理的思考を持ち、たくさんの商品を表現できる人になりたいですし、将来は世界中でデザインをしていきたいです)
He is a goal person for me.
(彼は私にとってゴールパーソンです)


【添削とフィードバック後のスピーチ文】 ※青文字…修正箇所
My role model is Oki Sato.
(私のロールモデルは佐藤オオキです)
He`s a designer from Japan.
(彼は日本のデザイナーです)
And now he works around the world.
(そして今、彼は世界中で働いています)
The reason why I respect him is because he is so logical and he always tries to solve the problems of his clients.
(私が彼を尊敬している理由は、彼がとても論理的で、常にクライアントの問題を解決しようとしているからです)
He doesn't only pay attention to the visual and artistic things but he also think about ways to improve the clients` condition.
(彼は視覚的および芸術的なことに注意を払うだけでなく、クライアントの状態を改善する方法についても考えています )
I want to be a person who can think and express logically about many products.
(私は多くの商品を論理的に考え、表現できる人になりたい)
In addition, I want to work around the world designing things in the future.
(また将来的には世界中でデザインをしていきたいと思っています)
For these reasons, he is my role model.
(これらの理由から、彼は私のロールモデルです)


添削とフィードバックが終わると、修正したスピーチを再度音読します。
発音が間違っている部分の修正や、読みづらかった部分の質問などを行い、レッスンは終了です。
レッスンは25分という短い時間でしたが、スピーチの作成から修正・文の発音までしっかりと教えてもらうことができ、とても充実したレッスンでした。
※今回は取材のため25分のレッスンでしたが、通常は50分の体験レッスンを受講することが可能です。

今回のレッスンの様子は、動画でもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「ロングスピーチ」を受講した感想

受講後、武知さんにレッスンの感想を伺いました。

(武知さん)
しばらく英語を使っていなかったので緊張していましたが、終始和やかな雰囲気で安心して受講ができました。
作成したスピーチを書き起こしてもらえるので、自分の話した英語を可視化でき、言い回しや表現の改善点などもわかりやすかったです。
また間違いの癖も見つけることができ、今後気を付けなければいけない点なども明確になりました。
自分のスピーチ内容の中で、新しい言い換えやボキャブラリーも教えてもらえるので、より高度な表現力を身に着けられ、実践的な英会話を学べました。「基本的な挨拶や表現より、発展した英会話ができるようになりたい」「英会話をメインに、語彙力も伸ばしていきたい」と考えている方には特におすすめのレッスンです!

「RYO英会話ジム」のオススメポイント

今回は「RYO英会話ジム」の「ロングスピーチ」を体験・レポートしました。
実際に体験を受講してわかった「RYO英会話ジム」のおすすめポイントを紹介します。

■「RYO英会話ジム」のおすすめポイント
1.アウトプットを重視した話すトレーニングで実践的な英語力が身に付く!
2.成果にコミットできる!受講者にとことん寄り添うコーチング!
3.スピーチ内容を瞬時に可視化!細かい部分までしっかりと添削・フィードバック!


「RYO英会話ジム」のレッスンコースは、自社開発のレベル表(ベーシックから上級まで)を元に作成されており、全くの初心者から目標のために英語力を伸ばしたい人まで、幅広い方の受講が可能です。
また実践テストやコンサルテーションを受けられる「短期集中プラン」や「コーチングプラン」では、設定して目標にコミットすることが可能です。一人では受講を続けることが不安な方でも、専属の講師・コンサルタントと一緒に成果にコミットするので、目標までやり切ることができます。

料金プランは、短期集中プラン・週1回プラン・チケットプランなど様々なプランが準備されており、生活・目標に合った学習が可能です。
入会を検討する前には、英語レベルや学習内容を相談できる25分の無料コンサルテーションや、50分の体験レッスンを受講することもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

オンラインの窓口で「RYO英会話ジム」をチェック

プロフィール画像
記事を書いた人
雨宮